ビーン・トゥー・バーとは

Bean to Bar(ビーントゥバー)とは、豆(Bean)からBar(板状)のチョコレートという意味の通り、カカオの買い付け、焙煎、製造の全てを自社の工場で行うチョコレートの製造工程のこと。

ICHIJI

2016年 9月
芦屋にオープンしたビーントゥーバーのチョコレート専門店。
カカオ豆の仕入れから選別、焙煎、摩砕、調合、成形まで全てを自社で手作業でされています。

カカオ豆の産地を選べる

こちらのICHIJIさん、チョコレートを選ぶのに まずはチョコレートの原材料であるカカオ豆の産地から選べる珍しいチョコレート屋さんです。
カカオ豆の代表的な原産地 トリニダード・トバゴ、ガーナ、タンザニアから厳選し輸入した最高品質のカカオ豆を使用しており、カカオ豆の育つ土地や気候で変わる、風味や香りの違いを楽しめます。

好きなテイストを選べる

それぞれのカカオ豆をより楽しむために、好みの食感、テイストを選べます。

こちらはタンザニア産カカオ豆の72パーセント。
フレーバーはカカオニブの入った『クランチ』

裏面を見てみると、カカオニブが浮き出ており 肉眼で確認できます。
食べてみると、カカオ豆のフルーティーな酸味が感じられ カリカリとしたカカオニブの食感がアクセントになり、カカオ好きには2度楽しめるチョコレートです。

豆の産地、フレーバーを選び 組み合わせは全9種類!!
是非 お好みの組み合わせを見つけて見てくださいね。

カフェ&イート・イン

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

500円以下で買える人気のバレンタイン義理チョコはこれだ

500円以下で買える人気の義理チョコについてまとめました。毎年悩むバレンタインデー、今回は人気のブランドの味…

choccolatte / 1693 view

【CACAO SAMPAKA】 オススメチョコレート菓子5選!

『カカオサンパカ』は、ガウディやピカソ、ダリ、パブロ・カザルスなど著名な芸術家を多く輩出してきた芸術のまちバ…

kazukazu / 306 view

「ドミニクアンセルベーカリー」新作スイーツ

ドミニク氏が来日されたので、ドミニクアンセルベーカリーに伺い、新作スイーツを色々頂いてきました。スイーツのオ…

岩谷貴美 / 190 view