「イルサンジェー」は、1900年、フランスとスイスの国境に位置するフランシュ・コンテ地方にオープン。110年以上の歴史を持つ名門パティスリーです。

完全予約制の店内は、赤と黒のコントラストが印象的。
ショーケースに並んでいるショコラは、初代のオーギュスト・イルサンジェー氏のレシピ本を忠実に受け継ぎ、現在もほぼ手作業で作られています。ショコラに携わることのできる職人は、エドワール氏を含めたごく数人。1日300粒の製造が限界数で、日本への入荷数も限られているので、タイミングによっては入荷待ちの商品も。

いくつかの「スペシャリテ」がありますが、そのひとつが「トゥシェフ」。
初代が制作したもので、ピエモンテ産のヘーゼルナップラリネとブラックチョコレートのミックス。100年以上前から同じ製法を守っています。

「ガレ」は、2代目が制作したもので、アーモンドプラリネとブラックチョコレートをミックス。メレンゲでコーティングされていて制作に3日以上かかる逸品。口溶けの儚さが印象的で、リピーターが多いのも納得。

他にも、魅惑のショコラが色々あるので、飛び切り贅沢な時間を過ごしてみては…? 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

美食と言えばここ!フランスが誇る有名チョコブランド3選

皆さんはフランスと聞いて何を想像するのでしょうか。ファッション、食など有名なものは様々ですが、今回はその中か…

みっちー / 1363 view

【GODIVA】 「90周年記念限定コレクション」大紹介!

1926年にベルギーのショコラティエ、ピエール・ドラップスによる家族経営の小さなチョコレート工房から始まった…

kazukazu / 857 view

【ショコラブティック レクラ】 オススメチョコレート大紹介!

フランス語で「輝き」を意味する『ショコラブティック レクラ』が手がける“輝き”をテーマにしたオシャレなチョコ…

kazukazu / 1342 view