ダリケー(Dari K)のカカオが香るチョコレート・トリュフはカカオ本来の芳醇な風味を存分に感じるショコラです!

スイーツレポーターちひろです。

訪問いただきありがとうございます。

インドネシアの契約農家から良質なカカオを取り寄せ、自社でカカオからチョコレートを作るDari K(ダリケー)さん。

今回は、カカオのポテンシャルを最大限に引き出した「カカオが香るチョコレート・トリュフ」をレポートいたします。

・Raja(ラジャ)
インドネシア語で「王様」を意味するラジャ。ローストしたカカオ豆を丸ごと一粒包み込んでいます。さらにマラリにはカカオを粗く砕いたカカオニブでコーテング。
看板商品なのも納得のカカオを本来の風味を最大限に楽しめるトリュフです。

・Jeruk(ジュルック)
「オレンジ」を意味するジュルックは、チョコレートと相性抜群のオレンジピールをたっぷりと使用しています。
爽やかな酸味とカカオのほろ苦さのハーモニーが存分に楽しめるトリュフです。

・Kisumis(キスミス)
レーズンを意味するキスミスは、自家製のラムレーズンを細かく刻み、濃厚なガナッシュに練り込んでいます。さらにラム酒を数滴加えて仕上げた、ほのかに酔わせる大人のトリュフです。
パンチのあるラムレーズンの風味、長い余韻を演出するラム酒とのコントラストが素晴らしいトリュフです。

・Ratu(ラトゥ)
インドネシア語で「女王」を意味するラトゥ。カカオマスに生クリームとてんさい糖のみを加えた最もプレーンなチョコレート。
シンプルさゆえの圧倒的なカカオの香りが口いっぱいに広がります。

前回レポートした時にも感じましたが、ダリケーさんのトリュフは、カカオ本来の風味・苦味・酸味がダイレクトに伝わるチョコレートです。

エスコヤマもそうですが、これだけレベルの高いチョコレートが身近で楽しめる時代になったのは、嬉しい限りです。
一般的なチョコレートとは一味違うチョコレートの風味を、ぜひ一度ご堪能ください♪

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

【潜入動画】 ブルガリ イル・チョコラ―トの世界唯一の工房!

BVLGARI IL CIOCCOLATO (ブルガリ イル・チョコラ―ト) の世界唯一の工房が都内某所にあ…

スイーツ番長 / 975 view

チョコレートの世界大会で優勝した水野直己シェフのザッハトルテ

京都の福知山市「洋菓子マウンテン」 パティシエ水野直己シェフが作り出す自慢のザッハトルテは、アクセントの杏ジ…

岩谷貴美 / 1265 view

明日12/10、ピエール マルコリーニ銀座本店がリニューアルオープン ♫

ビエール マルコリーニ銀座本店が15年ぶりにリニューアルオープンし内覧会に行ってきたのでご紹介します。

岩谷貴美 / 450 view

関連するキーワード