ダリケー(Dari K)のカカオが香るチョコレート・トリュフはカカオ本来の芳醇な風味を存分に感じるショコラです!

スイーツレポーターちひろです。

訪問いただきありがとうございます。

インドネシアの契約農家から良質なカカオを取り寄せ、自社でカカオからチョコレートを作るDari K(ダリケー)さん。

今回は、カカオのポテンシャルを最大限に引き出した「カカオが香るチョコレート・トリュフ」をレポートいたします。

・Raja(ラジャ)
インドネシア語で「王様」を意味するラジャ。ローストしたカカオ豆を丸ごと一粒包み込んでいます。さらにマラリにはカカオを粗く砕いたカカオニブでコーテング。
看板商品なのも納得のカカオを本来の風味を最大限に楽しめるトリュフです。

・Jeruk(ジュルック)
「オレンジ」を意味するジュルックは、チョコレートと相性抜群のオレンジピールをたっぷりと使用しています。
爽やかな酸味とカカオのほろ苦さのハーモニーが存分に楽しめるトリュフです。

・Kisumis(キスミス)
レーズンを意味するキスミスは、自家製のラムレーズンを細かく刻み、濃厚なガナッシュに練り込んでいます。さらにラム酒を数滴加えて仕上げた、ほのかに酔わせる大人のトリュフです。
パンチのあるラムレーズンの風味、長い余韻を演出するラム酒とのコントラストが素晴らしいトリュフです。

・Ratu(ラトゥ)
インドネシア語で「女王」を意味するラトゥ。カカオマスに生クリームとてんさい糖のみを加えた最もプレーンなチョコレート。
シンプルさゆえの圧倒的なカカオの香りが口いっぱいに広がります。

前回レポートした時にも感じましたが、ダリケーさんのトリュフは、カカオ本来の風味・苦味・酸味がダイレクトに伝わるチョコレートです。

エスコヤマもそうですが、これだけレベルの高いチョコレートが身近で楽しめる時代になったのは、嬉しい限りです。
一般的なチョコレートとは一味違うチョコレートの風味を、ぜひ一度ご堪能ください♪

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

芦屋のビーン・トゥー・バー チョコレート専門店 【ICHIJI】

神戸の高級住宅街、芦屋にあるビーン・トゥー・バー チョコレート専門店 ICHIJI のチョコレートをご紹介し…

さゆたん♡ / 824 view

【ホテルニューオータニ東京】 パティスリーSATSUKIのショコラ大紹介!

ホテルニューオータニ東京の『パティスリーSATSUKI』で扱うショコラをご紹介します。

kazukazu / 539 view

この冬注目!の《ホッとスイーツ》☆名古屋 栄“リンツ”

リンツ ショコラ カフェ 名古屋栄店 「Lindt」がお届けする冬のショコラは、幸せを届けてくれるホッとなス…

佐藤ひと美 / 324 view

関連するキーワード