パリで大人気のイケメンパティシエさんが作るエクレール

レクレール・ドゥ・ジェニ


待望の待望の大阪市上陸でした


東京は日本橋高島屋に早くから入っていて
いつか必ずや大阪 高島屋にも入る……はず


と、長らくの間期待してました




まずはまずはもちろんチョコレート

そもそもエクレールは
コーヒーとチョコレートの2種類が正式なフランス菓子の元祖エクレール


美しすぎる佇まいに しばしうっとりです



期待通り
中身のクリームも、チョコレート



そしていかにもフォション出身らしいカラフルというか、目にとまるような色合いのエクレール


ホワイトチョコに
ザ!フランス革命!

的な絵付けをしてあるプレートが乗ったこちらの中身はカスタード。


見た目のパンチ力とは違い オーソドックスカスタードでした


こちらはブルーベリーと栗といういかにもフランス菓子な組み合わせ

マロンクリームとカシス はよく見かけるけれど
ブルーベリーは珍しいような気がしました

中は生クリーム、ブルーベリージャム
これは想像よりあっさりです

栗なのでどっしり、甘々かな~と想像していましたが。

もう一つは季節的に
パンプキン。




本当に念願のレクレール・ドゥ・ジェニのエクレールが手に入った時は小躍りでした(笑)

とりあえずは食べれて大満足






Sayutan

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

高級ブランドチョコ「モロゾフ(Morozoff)」の歴史とチョコの特徴とは?

神戸の老舗洋菓子メーカー「モロゾフ(Morozoff)」の歴史と特徴についてまとめました。

みっちー / 2139 view

ウイーンで忘れてはならない老舗洋菓子店☆オーストリア “デメル”

王室御用達の洋菓子店に指名された、カフェ・コンディトライ「デメル」 その高級感あふれるショコラを松坂屋 名古…

佐藤ひと美 / 932 view

新店「アヴランシュ・ゲネー」に和栗モンブランが登場!

2015年9月文京区にオープンした「アヴランシュ・ゲネー」をご紹介します。

岩谷貴美 / 408 view