『伊藤久右衛門』は、江戸時代から受け継ぐ伝統を大切にしながらお茶の新しい価値を発信する京都・宇治のお茶屋です。

そんな同店がフランスで修行を重ねたパティシエとともに贈る、ちょっと贅沢なお菓子をご紹介しましょう。




◆宇治抹茶ショコラ

宇治抹茶生チョコレート

挽きたて宇治抹茶を贅沢に使用した超濃厚抹茶味の生チョコレートです。ギフトにも最適です。

宇治抹茶いちごチョコレートトリュフ

苺をまるごとフリーズドライして、上薄茶用抹茶のチョコレートでコーティング。さらにお濃茶用抹茶をたっぷりかけて、鮮やかな色と香りを大幅プラス。2種類の石臼挽き抹茶を使い分けるというお茶屋ならではの発想で、抹茶も苺もチョコもすべて楽しめる苺トリュフができました。

宇治抹茶ラングドシャ 葉ごろも

フランスに古くから伝わるお菓子「ラングドシャ」を京都のお茶屋ならではの抹茶菓子に創り上げました。サクッとした心地良い食感をお楽しみください。

宇治抹茶ガトーショコラ

大変口どけのよいガトーショコラです。作ってから一晩冷蔵庫でじっくり寝かせます。
ゆっくりと結晶化され抹茶とチョコレート、生クリームが一体化されます。
この工程が口どけの良さを生みます。

数あるコンフィチュールから種入りラズベリーコンフィチュールをセレクトしました。
ラズベリーのシャープな酸味が抹茶の苦味を邪魔しません。
キレのあるアクセントになっています。

宇治抹茶ティラミス

ティラミスをつくるに当たって、一番大きな壁は「マスカルポーネ探し」。
名だたる海外産を取り寄せて試作してみたのですが、個性が強すぎて抹茶が完全に負けてしまい、失敗の連続でした。

国産の抹茶にはやはり、国産のチーズが合うのでしょう。
最終的に北海道産のマスカルポーネに辿りつきました。

実は私、北海道出身なのです。
自然豊かな北海道の生乳を使用したマスカルポーネチーズと石臼挽き宇治抹茶とのマリアージュをお楽しみください。

和と洋の華麗なるコラボショコラ「宇治抹茶ショコラ」。

一口いただけば病みつきになること間違いなしですよ。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

神戸岡本 モンロワールの限定 リーフメモリーホワイト。

神戸岡本 神戸岡本 モンロワールのモンロワールのリーフメモリーのご紹介。中身は チョコレート、バニラ、ブロン…

さゆたん♡ / 2505 view

完全予約制の空間で優雅にショコラテを選ぶなら「HIRSINGER (イルサンジェー)…

「イルサンジェー」は、1900年、フランスとスイスの国境に位置するフランシュ・コンテ地方にオープン。110年…

岩谷貴美 / 352 view

カファレルのバレンタイン限定品が可愛い過ぎ

カファレルのクラシックなデザイン缶に入ったチョコレートをはじめとしたホイルチョコレートをご紹介します。

岩谷貴美 / 812 view