「ガナッシュ」という言葉は、チョコレートをよく食べる方なら知っていると思います。トリュフの中身の、しっとりしていて口どけのいい部分と考えている人も多いですよね。でも生チョコレートとガナッシュの違いが分かる人は少ないと思います。ガナッシュは一体何なのか、そしておすすめの3商品をご紹介します。

「ガナッシュ」と「生チョコレート」は似ている?

チョコレートと生クリームを合わせて作られる、口どけの滑らかなチョコレートをガナッシュと言います。口の中に入れるとすぐに溶ける口どけの良さが魅力です。実はガナッシュと生チョコレートは製法と分量に明確な基準はありません。ただ、水分量で呼び方が異なってくるのだそうです。

質感的にはより水分量が多く、しっとりしているのがガナッシュです。生クリームの量にしても、ガナッシュの方が多めに使われています。用途で言うと、チョコレート菓子の素材として使われる事が多いガナッシュに比べ、生チョコはそれだけで食べられるようにしたお菓子です。

ガナッシュはチョコレート菓子には欠かせない素材なので、バレンタインでガナッシュが美味しく作れれば間違いないでしょう。

新宿高野 「ガナッシュショコラ」

あのフルーツで有名な新宿高野が出す、期間限定のガナッシュショコラです。新宿高野では「フルーツチョコレート」がロングセラーですが、このガナッシュショコラもなめらかな口どけが人気です。個包装で数も豊富に入ってこのお値段が嬉しいですね。口どけ滑らかなガナッシュにココアパウダーをまんべんなくふりかけた、大人で贅沢なキューブ型チョコレートです。個別包装されているので、バレンタインには職場や友人に配るのにもってこいですね。

Patisserie GREGORY COLLET(パティスリーグレゴリー・コレ)「ボンボンショコラ」(10個入り)

グレゴリー・コレのガナッシュは密度の濃い味わいのチョコレートを自社で作っている「ミッシェル・クルイゼル」のチョコレートを使用しています。ミッシェル・クルイゼルは世界9カ国に契約農園を持っており、主原料であるカカオだけでなく、砂糖、バター、バニラビーンズなども厳選された材料で作っています。そのため、このガナッシュはキレのある一味違った味わいになっています。パレオ、フランボワーズ、カカウェット、きなこ、グアナラ、プラリネノワゼットユズ、セザム、テアラミュール、トンカ豆、シトロンヴェールの10種類が入っていて楽しめます。見た目はまるで宝石箱のようで、貰った相手が感動すること間違いなしです。

みちのく(お取り寄せ)「ガナッシュサンド」

口どけのなめらかな本場ベルギー産チョコレートを使用したガナッシュサンド。北海道産バターとアーモンドペーストをたっぷり使用して焼き上げたショコラの生地で、ベルギー産ミルクチョコレートのガナッシュを包んでいます。ボリューミーでしっとりとしたガナッシュと、しっとりなのにふわふわのスポンジの絶妙な食感はやみつきです。一つでも食べている満足感もあるとレビュー内でも評判です。バレンタインに、好きな人には沢山、友人には一つ一つ配っても喜ばれそうな商品です。

特別な日にはガナッシュを贈ろう

もともと生チョコレートの起源であるガナッシュはチョコレートでコーティングされたり、他の素材と混ぜて楽しんだりすることも多いので、多種多様なチョコレートです。是非、色んな種類のガナッシュを楽しんでください。そして、バレンタインには口どけなめらかなガナッシュを使ったチョコレート菓子を贈って身近な人に日頃の感謝を伝えましょう。きっと、美味しいガナッシュとガナッシュの魅力について話せば、会話が盛り上がること間違いなしです。恋人や夫婦、家族や友人と素敵な時間を過ごしてくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

ダイエットの強い味方!ハーブの抽出液で作る砂糖不使用チョコレート!

ダイエット中に食べれるチョコレートなんて・・・あるんです!! チョコレートは好きだけど・・・ダイエットしてる…

さゆたん♡ / 267 view

海外では男性から贈る?バレンタインにまつわる意外な3つの事実

海外のバレンタインデーは、日本とはちょっと事情が異なるようです。今回はバレンタインにまつわる海外の風習を3つ…

みっちー / 271 view

バレンタインに贈りたくなる!チョコレートケーキの王様、ザッハトルテって?

チョコレート好きにはたまらないザッハトルテ。ここでは、おすすめのザッハトルテをご紹介します。

choccolatte / 757 view