オランジェットもとても難しそうに見えて、慣れてしまえば意外に簡単そうです。好みでいろいろ工夫できるようなのでお好みの味を見つけてください!

甘夏ピールオランジェットお手軽レシピ

本格的な甘夏ピールを作れるレシピです。チョコレートでコーティングすれば、本格的なオランジェットができます。

ポイントは、皮の内側の白い部分を削る量で苦みを調整できることです。苦みが好きな人は白い部分を多く残し、苦みが苦手な人は白い部分をなるべく取り除くと良いです。また、水から茹でて苦みやアクを取る作業も、苦みが好きな人は1回、苦みが苦手な人は3回ほど作業を繰り返すと良いでしょう。水と砂糖で皮を煮る際は、煮詰めすぎないように注意をします。このポイントを意識すれば、自分好みの美味しいピールを作ることができます。一度に沢山のピールを作れるのも嬉しいですね。

丸くてかわいい!お手軽オランジェットレシピ

オレンジの輪切りでつくるオランジェットレシピです。ポイントは、洗ったオレンジに楊枝でまんべんなく穴をあけておきます。こうすることで、砂糖がオレンジに染み込みやすくなります。また、オレンジを水から煮立て、冷水にさらす作業を3回繰り返し、一晩水につけておくことで、苦みを出します。砂糖を入れて煮てからも一晩放置するので、人にプレゼントする場合は3日〜4日前から作業を始めなければいけないので、注意が必要です。

時間はかかりますが、作りやすい工程で見た目もとって可愛い、美味しいオランジェットができます。

超簡単!やみつきオランジェットレシピ

自分の好きなオレンジピールを用意して、お手軽簡単なオランジェットが作れるレシピです。ポイントはチョコレートをレンジで溶かさず、湯煎することです。湯煎した方が、保湿されて、チョコレートが固まりにくく、作業の効率が良いです。しかし、チョコレートの湯煎時に、少しでも水が入ってしまうと変質してしまうので注意が必要です。途中、チョコレートが固くなったら、少し火にかけ温めると、またキレイにチョコをつけることができます。オランジェットは買うとなかなかお値段がするので、自分で作ってしまえば沢山食べられていいですね。バレンタインに友チョコであげても喜ばれます。

簡単だけど美味しいオランジェットレシピ

いよかんを使ったピールから作るのに、作る手間が少ないのが嬉しいお手軽オランジェットレシピです。ポイントは、いよかんを切るときに、身と皮を分け、苦みの気になる人は、皮の裏についている白い部分をスプーンで取ると、苦みの少ないオランジェットになります。また、いよかんを煮た後に、お皿に50gの砂糖を盛り、ゆで上げた皮をからめて皮が縮まないようにすると見た目もキレイです。砂糖は何回かに分けて使うので、量を間違えないように注意が必要です。手間を省いたレシピなのに、ほろ苦くて美味しい本格的なオランジェットが作れるのが嬉しいですね。

超簡単可愛い!卵パックを使ってオランジェットの味が楽しめるレシピ

一見オランジェットには見えないけれど、見た目も可愛く、楽しく作れそうなお手軽オランジェットレシピです。湯煎で溶かしたチョコレートを、卵パックにいれるときに、はみ出さないように注意が必要です。チョコレートでうまくマーマレードを包めるように、最初にチョコレートを卵パックのくぼみ半分くらいまで入れ、くぼみの側面に塗り付けるようにしてチョコレートのくぼみを作るのがポイントです。また、マーマレードは純度の高いものを使うとより美味しくなります。バレンタインに自分用や家族用にお手軽に作れそうなのが嬉しいですね。お子様と一緒に作っても楽しそうですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

ルワンジュ東京のイケメンパティシエ♡翼君が教えるトリュフロッシェ

人気スイーツ店「ルワンジュ東京」のイケメンパティシエ、翼君オリジナルのトリュフロッシェを動画で公開!あま~い…

チョコちゃん / 1743 view

バレンタインは質より量?大量生産できる義理チョコレシピ集

バレンタインは質より量?大量生産できる義理チョコレシピ集についてまとめました。食べても美味しい大量生産レシピ…

choccolatte / 4948 view

バレンタインにもオススメ!男子に人気のオランジェットの作り方

バレンタイン等の贈答用として度々目にする高級感漂う上品な雰囲気のスイーツ、オランジェット。柑橘とチョコレート…

みっちー / 1199 view