手作りでトリュフチョコが作れたらすごいと思いませんか?ラッピングもこだわって大切な人にプレゼントしたいですね!

本格的!トリュフチョコレートレシピ

見た目も華やかで、味も美味しいトリュフチョコレートがお手軽にできるレシピです。ポイントは、ガナッシュを丸めるときに、自分の手を氷水で冷やしながら丸めると作業しやすいです。もし、最後にガナッシュをチョコレートでコーティングしたい場合は、最初に刻んだチョコレートを分けておく必要があるので注意が必要です。今回のお酒はブランデーを使っていますが、フルーティーなリキュールで香りを出したり、大人な味に仕上げたいならウィスキーを練りこんでも美味しいです。加えるお酒を選んで、自分好みのアレンジを加えてもいいですね。

オレンジの風味が口の中に広がる!ビタートリュフチョコレートレシピ

マーマレードを入れて作るので、爽やかな柑橘系の風味と濃厚で甘いチョコレートのハーモニーがたまらないレシピです。ポイントは、板チョコを湯煎で溶かした後、牛乳とマーマレードも一緒に溶かしながら、よく混ぜ合わせます。ここで丁寧に混ぜ合わせることが大切です。冷蔵庫で冷ました後、スプーンですくい、一つずつまとめられる固さになったら取り出します。冷蔵庫から出すタイミングが重要なので、注意します。あとはコロコロと、ココアパウダーの上で転がして完成なので、作りやすいですね。自分用にも作りたいトリュフチョコレートです。

大人の味が嬉しい!コーヒー入りのビターチョコレートトリュフレシピ

コーヒーのほろ苦さが入った大人のトリュフチョコレートレシピです。ポイントはインスタントコーヒーをいれるタイミングが二度あります。一度目は、牛乳をレンジで温めた後に、一緒にコーヒーを入れて溶かしておきます。二度目はチョコを溶かし、牛乳と混ざったコーヒーを入れた後、最後にまたコーヒーを入れます。こうすることで、トリュフの中の溶かしてないコーヒーの顆粒がカリッと歯にあたって、コーヒーの味がふわっと広がるようです。舌触りを滑らかにしたい場合は、牛乳ではなく生クリームの方が滑らかになります。甘いものがそれほど好きではない恋人や身内もこれなら喜んで食べてくれそうですね。

大人気!簡単で安上がりで美味しいトリュフチョコレートレシピ

材料も少なく、簡単なのに本格的な味のトリュフチョコレートレシピです。ブランデーを入れるタイミングはチョコレートを湯煎した後で入れるのがポイントです。また、チョコレートを溶かした後、氷水に当てながら扱いやすい固さまでゆっくり混ぜながら固めるのもコツです。その時、必ず水が入らないように十分注意してください。スプーンを使って大体の大きさに取り分けて、チョコレートを固めてもいいですし、少し柔らかい状態で、絞り袋に入れて一口サイズに絞り出してから冷やしてもいいです。材料は安いもので十分で、大人が食べるならブランデーを入れて深みのある濃厚なトリュフチョコレートにしたいですね。

初心者でも安心!見た目も可愛い簡単手作りトリュフレシピ

初めて作る人には嬉しいお手軽レシピです。分量は、チョコレートと生クリームの割合を2:1と覚えておくと便利です。また、生クリームは動物性の脂肪分35%を使用します。その方が贅沢な味わいになります。チョコレートを溶かした後、チョコと生クリームが馴染んでスプーンですくってポッテリと扱えるような固さになるまで、氷水にあてながらゆっくり混ぜるのがコツです。この時、必ず水が入らないように注意しましょう。バレンタインの季節にはやっぱり手作りしたくなりますよね。お手軽に可愛く、美味しいトリュフチョコレートを作って、周りを喜ばせたいですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

濃厚でお菓子!簡単でおいしいチョコレートのおすすめレシピ8選

大人なスイーツとして人気のチョコレートですが、実際作ってみると意外と手間がかかってしまいますよね!今回は、そ…

choccolatte / 3214 view

子供と一緒に手づくり!バレンタイン簡単チョコレートレシピ5選

年に1回のバレンタインデーに子どもと一緒にチョコレートを作ってみてはいかがですか?今回は、子供でも簡単に手作…

choccolatte / 2341 view

バレンタインにもオススメ!男子に人気のオランジェットの作り方

バレンタイン等の贈答用として度々目にする高級感漂う上品な雰囲気のスイーツ、オランジェット。柑橘とチョコレート…

みっちー / 1148 view