普段何気なく食べているチョコレート、ビターやミルク、ホワイトなど多くの種類がありますが、それぞれの違いを説明することはできますか?苦さの違い?色が違う?なんとなくイメージはするものの、改めて問われると一体何が違うのかハッキリと分からないまま今まで食べていたかも・・・という方も多いと思います。そこで今回は、ビター・ミルク・ホワイトチョコレートの種類をご紹介します。正しい知識を増やして、もっとチョコレートを好きになりましょう!

チョコレートとは

まずチョコレートの定義についてです。カカオという植物の外皮を取り除き砕して出来るペースト状にしたカカオマスとカカオマスから搾り取ったカカオバターを主な原料にしています。カカオマスは、チョコレートの色や風味の元となり、カカオバターはなめらかな口溶けのもとになっています。

カカオマスやカカオバターの分量を調節したり、砂糖やココアパウダー、粉乳などをまぜて練り固めたりすることによって、様々なチョコレートの種類を作り出すことができるのです。たとえば、チョコレートのパッケージに表記されているカカオ分は、そのチョコレートのうちカカオマスとカカオバターを足したものの割合がどれくらい入っているかを表したものです。

ビターチョコレート

ミルクや生クリームなどの乳製品が入っておらず、カカオマスとカカオバター、糖分でできているものをいいます。一般的にはカカオ40~60%のチョコレートのことをいいます。

カカオマスの割合が大きいほど糖分が少なく苦い味わいになるので、カカオマス80~90%以上のチョコレートは一般的なビターチョコレートよりもとても苦く、よりビターになっています。また、呼び方もさまざまあり、ビターチョコレートの他に、ダークチョコレート、ブラックチョコレート、スイートチョコレート、プレーンチョコレートと呼ばれることもありますが、日本の洋菓子界ではダークチョコレートと呼ばれることが多いようです。

ミルクチョコレート

カカオマスとカカオバター、糖分に加えてミルクなどの乳製品が入っているチョコレートのことをミルクチョコレートといいます。ちなみに、クリーム粉乳が使用されるときは、クリームチョコレートということもあります。ここでいう乳製品とは、全脂粉乳、脱脂粉乳、クリーム粉乳のことをさします。乳成分が加わる分、ビターチョコレートよりもカカオ分は低く、チョコレート色も淡い色になります。また、カカオ豆の味わいだけでなく、乳製品の質によってもチョコレートの味が左右されます。

ホワイトチョコレート

ホワイトチョコレートは、ビターチョコレートやミルクチョコレートのような色とは全く違い、白い色をしていますが、立派なチョコレートの一種です。カカオバターと糖分、乳製品でできています。茶色いチョコレート色と苦みの元であるカカオマスを含んでおらず、カカオバターだけでチョコレートらしさを出しています。カカオバターはチョコレート独自の茶色い色は元々持っていないので、真っ白で甘みの強いホワイトチョコレートができあがるのです。

3つのチョコレートについて、違いを分かっていただけましたか。原料が同じチョコレートでも、分量や配合を変えることで味や見た目に大きく違いが出ていたのですね。チョコレートについてより深い正しい知識を身につけることができましたね!さあ、これからは、自分でチョコレートを食べるときはもちろん、もうすぐやってくるバレンタインのお菓子作りやチョコギフトをプレゼントする際などの参考に役立ててみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

素材と味にこだわった知る人ぞ知る人気の「ガトーショコラ」3選

濃厚な口どけと甘さで人気のガトーショコラ。今回は、ガトーショコラの特徴やおすすめの商品をご紹介します。

choccolatte / 1270 view

世界中で日本だけ?なぜバレンタインデーはチョコを贈るの?

世界中で日本だけ?なぜバレンタインデーはチョコを贈るのかについてまとめました。各国それぞれのバレンタイン文化…

choccolatte / 1596 view

海外では男性から贈る?バレンタインにまつわる意外な3つの事実

海外のバレンタインデーは、日本とはちょっと事情が異なるようです。今回はバレンタインにまつわる海外の風習を3つ…

みっちー / 557 view