2月14日といえばバレンタインデー。日本では女性から男性にチョコレートを贈り、愛の告白をする日、というイメージが定着しているかと思います。しかし、実は世界的に見ると日本のバレンタインは変わっているというのはご存知でしょうか?世界各地で様式の違うバレンタイン事情。今回はアジアに絞って、日本との違いをご紹介していきます。

韓国のバレンタイン

お隣の韓国では、日本と同じく女性から男性へアプローチをする習慣が根付いているようです。しかもその規模は日本以上!毎月といっていいほど14日には何かしらのイベントが催されているようです。例えば、3月14日のホワイトデーはもちろんとして、4月14日のブラックデーは恋人のいない男性同士で鍋をつつく日、また黒い服で食事をする日。他にも6月14日は公に恋人たちがキスをしてもいいキスデー、11月14日は恋人同士で映画を見ながらオレンジジュースを飲むオレンジデー・ムービーデーなど、かなり自由度が高め。記念日で盛り上がる文化は日本と通じるものがありますね。

台湾のバレンタイン

では台湾ではどうでしょうか。実は台湾では日本や韓国とは真逆で、男性が女性に贈り物をします。しかも、チョコレートではなくバラの花束を贈るのがスタンダードなようです。また、贈るバラの本数でメッセージが変わってくるようで、一本なら「あなただけに」。99本なら「永遠の愛」。108本なら「結婚しよう」など、内容もかなりロマンチック。でも正直バラの花束を大量に渡されるよりもチョコレートの方が嬉しいかも。。。ちなみに7月7日にもバレンタイン同様のイベントがあるのだとか。本当に、国によって変化があって面白いですよね。

インドのバレンタイン

アジアといえばちょっと気になるのがインドのバレンタイン事情。正直インドのバレンタインなんて全く想像つかない!という人も多いのではないでしょうか?それもそのはず、インドでは宗教上の理由で男女交際を公に出来ないルールがあります。よって、バレンタインもほとんどスルー。何だか寂しいですが、その奥ゆかしさも魅力的ではありますね。

以上、アジア圏のバレンタイン事情についてご紹介してきました。国それぞれで様々なルールがあって面白いですよね。日本の常識に囚われず、様々な国のやり方をカップルで調べて、出来そうな部分は真似してみても楽しいバレンタインデーを過ごせるのではないでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

チョコレートケーキの種類を徹底解説!ガトーショコラやオペラって何のこと?

濃厚な口どけと甘さのチョコレートケーキにも様々な種類があります!今回は、その中でも代表的で人気のチョコレート…

choccolatte / 9235 view

帝塚山POIREさんで カカオ生食体験♡♡

先日 帝塚山にある洋菓子屋 POIREさんの辻井シェフにご招待いただき、カカオ 生食体験 してまいりました。…

さゆたん♡ / 476 view

日本とは真逆!?アメリカのバレンタイン事情

世界各国バレンタインの過ごし方が違うのは、知ってる方も多いのではないでしょうか。今回は、義理チョコなんてあり…

choccolatte / 840 view

関連するキーワード