毎年2月14日に訪れるバレンタインデー、張り切ってチョコレート選びをしたいところだけど、気になるのはお財布事情。「このチョコレート美味しそう!」と手に取ってみたはいいけど値段を見て愕然!なんて経験をされた方も結構いらっしゃるのではないでしょうか。かといって安っぽい手抜きチョコはイヤ!というちゃっかりワガママ女子に、コストパフォーマンスバツグンなチョコレートブランドをご紹介していきます。

モロゾフ

まず最初にご紹介するのは、誰もが知っている神戸発祥のパティスリー「モロゾフ」です。ケーキやプリンなどを扱う有名洋菓子店ならではの、かなりクオリティの高いチョコレートアソート。値段を見ると驚くほど安く、価格帯を知らない人からしたら高級チョコレートブランドに引けをとらないルックスと美味しさで満足度もばっちり。かなりコストパフォーマンスの高いチョコレートブランドであるといえるでしょう。どうせ高いんでしょ!と思わずに、まずは店頭に行ってみることをおすすめします。

ゴンチャロフ

こちらも神戸発祥の洋菓子メーカー「ゴロンチャフ製菓」です。一見するととても凝った造りをしているチョコレートが並んでいますが、その値段は驚くほどリーズナブル。洗練された一粒一粒は味も見た目も一級品なのに「どうしてこんなに安いの?」と疑問を抱かざるを得ないほどにコストパフォーマンスがバツグンなのです。安心の純国産メーカーという点もゴロンチャフ製菓の魅力のひとつではないでしょうか。

メリー

こちらはバレンタインの火付け役として有名な「メリー」です。女性の横顔のデザインは見かけたことがある方も多いのではないでしょうか?かなり馴染みのあるメリーですが、実はフランスで毎年開催されているチョコレート菓子の祭典「サロン・デュ・ショコラ・パリ」に日本の菓子メーカーとして最多の15回も出場しているほどの実力派。数々の賞を得ているチョコレートメーカーとは思えないほどのお値段はとっても魅力的ですね。

コージーコーナー

駅前などでよく見かけるスイーツショップ「コージーコーナー」もかなりコストパフォーマンスの高いチョコレートを置いています。日本在住であれば一度はコージーコーナーのケーキを口にしたことがあるのではないでしょうか。そのケーキの美味しさと違うことのないチョコレートは、贈る側も贈られる側も安心のクオリティ。日本国内にたくさん店舗を構えている上に、パティスリーとしては遅めの時間帯までやっている店舗も多いので、仕事後などでも気軽に買い物に行けるのはとてもありがたいですね。

リンツ

最後にご紹介するのは、スイスのプレミアムチョコレートブランド「リンツ」です。「19世紀のチョコレートの開拓者」と呼ばれるリンツはその歴史もレシピも伝統的。由緒正しきスイスのチョコレートメーカーとして、今もなお世界に名を馳せています。海外のチョコレートブランドというと、お値段が高めなイメージが強いですが、プラリネが20粒入ったギフトを1,000円で販売するなど、以外にもリーズナブル。店舗数も徐々に増やしているので、もし街中で名前を見かけたら立ち寄ってみるのもアリかもしれません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

【リーガロイヤルホテル東京】 2017年年始限定ケーキ大紹介!

『リーガロイヤルホテル東京』で手がける2017年年始限定スイーツをご紹介します。

kazukazu / 266 view

キレイをつくる 美人MAKER。 ベルアメール京都別邸のキラキラチョコレート。

「ベルアメール 京都別邸」 のチョコレート。アイスキャンディーみたいな棒突きのかわいいチョコレートを紹介しま…

さゆたん♡ / 564 view

大阪で美味しいチョコレートケーキをお探しなら上本町のなかたに亭さんがオススメです!

大阪で美味しいチョコレートケーキをお探しのあなたにオススメしたいのが上本町にお店を構える「なかたに亭」さんを…

スイーツレポーターちひろ / 698 view