女性からすると素敵な男性にどんなチョコを渡すかワクワクする嬉しい日でもあり、社内の多くの人に義理チョコを渡さないといけない頭を抱える日でもあるバレンタイン。できる限り義理チョコは予算を掛けずに喜んでもらい穏便に済ませたいものです。ここでは、義理チョコをまとめ買いする際のポイントについて紹介いたします。ぜひ、まとめ買い慣れしていない方は、次のバレンタインの参考にしてみてください!

予算を決める

まとめ買いに掛ける予算を決めましょう。チョコを渡す予定の人数と、どんな人に渡すのかを最初に決めます。人数が多くなるほど予算は高くなりますし、渡す人によってもチョコの値段が変わります。例えば同僚に渡す場合と、上司や役員に渡すチョコとでは値段が変わってきます。同僚の場合は1人500〜1000円以内が適切でしょう。上司や役員にも渡さなければいけない場合は、1500円〜2000円程度の予算を考えた方が良いでしょう。

年齢層とシチュエーションを考える

チョコを渡す相手が若い人ばかりであれば甘めのチョコが良いでしょう。年齢層が高い場合はビターなチョコの方が好まれる傾向があります。また、チョコを仕事中や昼休みに渡す場合は、アルコール成分の入っていないチョコを選ぶようにしましょう。

デパートや専門店で購入する

コンビニやスーパーの方が値段が安いチョコが多かったりしますが、受け取った側も渡した側も、コンビニやスーパーに行くたびに商品を見るのは決して気分が良いものではありません。チョコを揃える際は、デパートや専門店、もしくは通販を利用して準備するようにしましょう。

同じチョコで統一する

チョコを選ぶ際は極力同じ商品で揃え渡すようにしましょう。役職が異なる人に渡す場合は難しいかもしれませんが、それ以外で別の商品を選んでしまうと、受け取る側に勘違いをされる可能性もあります。極力まとめ買いできる同じチョコを選ぶことで、渡しやすくなりますし、受け取り側に変な誤解が生じることもありません。

購入時期は早めに

バレンタイン時期は多くの人がまとめ買いを考えています。デパートなどで揃える場合は、1週間前には購入を済ませておくようにしましょう。バレンタインフェアなどが開催されており、多くのデパートでバレンタインチョコの特設コーナーができています。当日が近づいてくると人気のチョコやコストパフォーマンスの優れたチョコはすべて売り切れとなっており、人気の低いものや高価なものしか余っていないケースがあります。1週間〜10日前までにはすべて購入を完了しておくスケジュールが良いでしょう。

ラッピングをして高価に見せる

まとめ買いの際、可能であればお店ですべてラッピングしてもらいましょう。お店でのラッピングが難しい場合は、自身でラッピングしても良いでしょう。ラッピングされているだけで、貰った側はとても嬉しくなるものです。せっかく渡すのであれば、喜んで欲しいもの。ラッピングの袋などを揃える場合もまとめ買いで500円もかかりません。同じチョコでもラッピングしているだけで特別感があり、気持ちが込もって見えるので、社内での評判も上がり、今後のコミュニケーションもより円滑に進むようになるでしょう。

いかがでしたでしょうか?バレンタインは本命に集中したいものですが、義理チョコも手を抜き過ぎるわけにはいきません。極力低予算で喜んでもらえるチョコを揃え、ラッピングなどで特別感を演出しましょう。義理チョコ選びは毎年悩み事の1つですが、少しでも前向きに捉え多くの人に最大限喜んでもらえるようにしましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

素材と味にこだわった知る人ぞ知る人気の「ガトーショコラ」3選

濃厚な口どけと甘さで人気のガトーショコラ。今回は、ガトーショコラの特徴やおすすめの商品をご紹介します。

choccolatte / 797 view

とろける口溶け!バレンタインにオススメのガナッシュ3選

とろりとした舌触りが魅力のガナッシュ。チョコレート菓子の素材として使われることも多いガナッシュですが、もちろ…

choccolatte / 525 view