500円以下というリーズナブルながら、人気のブランドの味を堪能できる人気の高い義理チョコを紹介します。できる限り義理チョコには予算を掛けたくない、でも安っぽいものをあげるのも嫌だ!そんな時はここで紹介するコストパフォーマンスの高い人気にチョコを参考にしてみましょう!

ゴディバ ラッピングミルクアソート

誰もが知っている人気チョコレートブランドのゴディバからも500円以下のチョコレートが販売されています。季節限定チョコとゴディバ定番のトリュフミルクがそれぞれ1粒ずつ入っています。パッケージもゴディバらしく可愛くおしゃれなデザインとなっています。値段は346円と、とても500円以下には見えません。ゴディバのブランド力のおかげで受け取った側は嬉しいものです。すぐに売れてしまいますので、早めの購入がおすすめです。

メリー ファンシーチョコレート

チョコレートの老舗ブランドであるメリーからは、さまざまなリーズナブルチョコが販売されています。毎年バレンタイン特別バージョンのチョコが販売もされています。その中でも長年人気の高い定番商品にもなっているファンシーチョコレートは5個入で324円、12個入でも540円となっています。 まるで宝石箱のような上質で高級感のあるパッケージは贈る人の気持ちを表します。一つひとつが小粒のため食べやすく、バラエティに冨んだ味わいを楽しむことができます。

ゴンチャロフ フロールデコールP

1923年に神戸で誕生したゴンチャロフは、老舗の製菓メーカーです。ベルギー産クーベルチュールチョコレートを使用した生チョコレートや、ビアンクールなどさまざまなこだわり菓子を作っています。フロールデコールPは、箱にリボンも付いており可愛くおしゃれで6個入で378円、9個入で540円となっています。一つひとつが小粒のため食べやすく、見た目も華やかです。同系統のチョコではなくそれぞれまったく異なる味わいを楽しむことができます。

モロゾフ「ラブレター」「ラメラ」

ラブレターと言われるグリーティングとチョコ4個のセットになっているものがあり280円です。実際に切手を貼って送ることもできます。他にもミルクやセミスイートなど5個入で324円のプレーンチョコレートの詰め合わせがあります。500円以下で味が確かなので喜んでもらうことができます。特に日頃お世話になっている感謝の言葉も添えてグリーティングカードと一緒に渡すと非常に喜ばれるでしょうね!

アンリ・シャルパンティエ しあわせサブレ

1969年に芦屋で誕生した人気の高い老舗洋菓子ブランドのアンリ・シャルパンティエ。銀座などにも店舗を構えます。アンリ・シャルパンティエの人気の定番商品のひとつでもある「しあわせサブレ」は、チョコレートをコーティングしたものもあり3枚入で432円となっています。パッケージもファッションブランドのデザインのようなセンスの良いものとなっています。上質で甘すぎないチョコとサクサクで香ばしいサブレとの相性が絶妙です。決して500円以下に見えない人気の商品です。

いかがでしたでしょうか?どのチョコレートも500円以下でありながら、上質で美味しい味わいを楽しむことができます。人気のブランドのものなので渡す側も受け取る側も安心できますね。予算を掛けなくてもこれだけ素敵なチョコを揃えることができます。次回のバレンタインの際の義理チョコの参考にしてみましょう!人気のチョコは早めに動かないとすぐに売り切れてしまいますので、ご注意ください!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

“Chez Shibata” バレンタイン限定‼︎14日迄の限定スイーツ♡

シェ・シバタがお届けするのは、バレンタイン限定14日までの限定スイーツ♡ 一風変わったぷりぷりの大きな唇に、…

佐藤ひと美 / 347 view

HUGO&VICTOR で、シェフパティシエのユーグ・プジェ氏に再会 ‼︎

HUGO&VICTOR で、シェフパティシエのユーグ・プジェ氏に再会 。本来、店内は撮影不可ですが、特別に許…

岩谷貴美 / 364 view

「GLACIEL」のバレンタイン新商品試食会 ♫

表参道のアントルメグラッセ専門店 「GLACIEL」のバレンタイン商品試食会に参加してきたのでご紹介します。

岩谷貴美 / 362 view