女性から意中の男性にチョコレートを贈る日、バレンタインデー。日本ではその認識が根付いています。でも、実は世界各国によってバレンタインイベントの習慣が違うことはご存知でしたか?

ケース1 アメリカ

結論から言うと、アメリカでは男性から女性へチョコレートをプレゼントします。その他にもディナーの予約を取ってあげたり、他のプレゼントもするそうです。しかも日本とは違って義理チョコの概念やホワイトデーなども存在しないのです。日本人女性からしたら、アメリカのバレンタインは夢のようなイベントですね。

ケース2 イタリア

情熱の国、イタリアではアメリカと同様へ男性から女性へ贈り物をするそうです。しかしチョコレートではなくバラの花束をプレゼントするのだとか。当然女性から男性へチョコレートをプレゼントする習慣などはないため、日本に来ているイタリア人男性にチョコレートを渡そうものなら大変な勘違いを起こしてしまうそうですね。

なぜ日本では違った習慣なのか

1958年にお菓子メーカーの「メリーチョコレート」が東京のデパートでバレンタインセールを行ったことが日本におけるバレンタインの始まりと言われています。恋愛を女性主導のものにしようとする新しい提案がウケて人気になりました。そして現在まで女性から男性へチョコレートを贈る日となったのです。50年以上経った今でも変わらず風習として根付いているのは、諸外国からしたら不思議なのかもしれませんね。

国によってバレンタインの風習は違ったものになります。もしバレンタインデーを海外で過ごされる予定の方は、その国の風習をチェックしておきましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

あのパレスホテルが盗作!?ルワンジュ東京の『レーヴルルージュ』と酷似商品が、発売を目…

あの伝統のパレスホテルが、2017年2月1日から販売するはずだった商品が、なぜか販売中止に。 その商品はなん…

チョコレート研究所 / 1100 view

これを贈れば間違いない?バレンタイン本命チョコの選び方ポイント

これを贈れば間違いない?バレンタインのチョコは何を基準に選べばいいのでしょうか。バレンタイン本命チョコの選び…

choccolatte / 489 view

日本とは真逆!?アメリカのバレンタイン事情

世界各国バレンタインの過ごし方が違うのは、知ってる方も多いのではないでしょうか。今回は、義理チョコなんてあり…

choccolatte / 629 view

関連するキーワード