そもそもトリュフとはどのようなお菓子なのでしょうか。球状にしたガナッシュをチョコレートでコーティング、ココアパウダーやナッツ類をまぶしたものが主なスタイルで、ガナッシュの代わりに様々な素材を使用したものもあります。トリュフチョコレートの呼び名は高級食材として有名なトリュフに形状が似ていることに由来します。それではお勧めのトリュフ製品を以下に見て行きましょう。

ゴディバ トリュフ コレクション アニベルセル

2016年に創業90周年を迎えた名実ともに広く人々に浸透しているチョコレートブランド、ゴディバ。そんなゴディバのトリュフの歴史の粋が詰まった商品が、「ゴディバ トリュフ コレクション アニベルセル」です。長きに渡り人々に愛されてきたクラッシックなトリュフ、優しい風味で国内外に多くのファンを持つふわふわのムースが入ったトリュフ、2016年最新作の独特の食感が素晴らしいマルチテクスチャートリュフがそれぞれ3種類ずつ、全部でなんと9種類もの絶品トリュフを楽しむことができます。世界中から絶賛されているこのトリュフコレクション、是非とも味わってゴディバブランドの実力を堪能してみて下さい。

デルレイ トリュフ セレクション

チョコレートの本場、ベルギーに本店がある高級チョコレートの老舗ブランド、デルレイのトリュフが楽しめるアイテムがデルレイトリュフセレクションです。デルレイのチョコレートはすべてベルギー本店で作られている本格派。トリュフセレクションはカカオバターの風味たっぷりのプレーンタイプのトリュフブール、ミルクチョコレートとコーヒーの風味がミックスしたトリュフカフェ、シャンパンが効いたお洒落なトリュフシャンパン、ラム酒を効かせた大人向けの風味のトリュフラムの合計4種類の味を楽しむことができます。味が別格なのはもちろんのこと、見た目もお洒落ですので、目と舌で楽しむことができる贅沢なトリュフコレクションです。

トイスチャー シャンパントリュフ

メディアにも頻繁に登場する70年もの歴史を誇るスイスの老舗チョコレートブランド、トイスチャーが誇る人気トリュフ、トイスチャーシャンパントリュフ。創業者であるアドルフ・トイスチャー氏によって生み出されたこのトリュフは、長年に渡りトイスチャーの看板商品にして最も人気のチョコレートです。世界各国から集められた厳選した素材と、フランスで最高級のシャンパンを使用して作られています。添加剤や防腐剤を一切使用しておらず、素材の良さを最大限に活かしているのもトイスチャーの特徴。チョコの口どけにシャンパンの風味が加わり、一粒一粒食べるごとに感動すら覚えます。本物の美味しいチョコレートを食べてみたい方にはお勧めの逸品です。

リンツ トリュフ ギフトボックス

1845年、スイスのチューリッヒで誕生した老舗中の老舗であるチョコレートのプレミアムブランド、リンツ。そのリンツが誇る至高のトリュフがなんと8種類も楽しめるのがリンツトリュフギフトボックスです。トップレベルの厳選した素材の選定から製品に至る工程まで徹底的に配慮が施されているのがリンツのチョコレートの美味しさの秘密。スイスから空輸で運ばれてくるトリュフはすべてアルコールを含んだ大人向けのテイストなのが特徴です。ラインナップはティラミス、ホワイト、ダーク、アマレット、コニャック、マール・ド・シャンパーニュ・ミルクとバラエティに富んでおり、どのトリュフも上品で魅力的。世界中に展開してファンを獲得しているリンツのトリュフを楽しまない手はありません。

カカオ サンパカ トリュフ デ ロンサカパ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

大好きな金沢 パティスリーオノ のチョコレートケーキと涙の再会。

大好きな金沢にあるパティスリー オノ のチョコレートケーキをご紹介します。

さゆたん♡ / 950 view

「GLACIEL」のバレンタイン新商品試食会 ♫

表参道のアントルメグラッセ専門店 「GLACIEL」のバレンタイン商品試食会に参加してきたのでご紹介します。

岩谷貴美 / 452 view

【小倉山荘】 「小倉山荘リ・オ・ショコラ」オススメ3選

京都老舗おかきお煎餅専門処『小倉山荘』が手掛けるショコラ商品をご紹介します。

kazukazu / 365 view