世界中で愛されているチョコレートは日本でも大人気です。バレンタインやその他に誰かへの贈り物としても選ばれています。たまにはおしゃれな海外ブランドをプレゼントしたいけど、どこを選べばいいかわからない。なんてことはありませんか?そんな人のためにチョコレートで有名なスイスで人気のチョコブランド3選をご紹介!

スイス初のチョコレート工場を持つ「Cailler:カイエ」

スイスで初めてのチョコレート工場を建てたとされるカイエ。現在では日本でも有名なあのネスレの参加となり、チョコレートを製造、販売を続けています。カイエのチョコはなんといっても煉乳を使用したスイスでも珍しいものです。普通のチョコレートとは違い、よりクリーミーに仕上がった商品はその口溶けは甘く溶けるよう。カイエのチョコレートはスイスでも大変な人気を誇っています。価格帯もそこまで現地でそこまで高いものではなく、同社の工場見学もできてしまうのがまたおもしろいところ。現地を訪れた際にはぜひ工場にも足を運んでみてはいかがでしょうか。

チューリッヒの老舗チョコレート「Sprüngli:シュプリングリ」

スイスに行ったならぜひ1度は訪れたてほしいのがこのシュプリングリ。ここのチョコレートは残念ながら日本には輸出されておらず、現地で購入するしかありませんが行って買う価値はあります。チューリッヒ空港でも購入可能で、その見た目もかわいいと人気です。店頭では板チョコ・プラリネ・トリュフなど様々なチョコレートが販売されています。中でも人気はカラフルなミニマカロン。日本ではラデュレなどが有名ですが、こちらのマカロンも負けていません!その上品な甘さと舌の上でとろけるチョコレートは絶品です。1度買ってしまえばやみつきになってしまいます。お店の2階にはカフェもあるので、購入後そちらでコーヒーともにいただくことも可能です。価格帯としては少々高いという意見もありますが、手の届かない値段では決してありません。さらにシュプリングリのチョコレートは現地でおみやげとしても喜ばれていますので、スイス・チューリッヒに行った方なら日本へのおみやげや贈り物としても役に立ってくれるでしょう。

マカロンの美味しさの秘密

日本でもお菓子として人気の高いマカロンですが、マカロンと名のつくお菓子はいくつかあり、皆さんの知るものはその一つです。フランスでもいろいろなマカロンが作られていて、日本でも見ることができます。昔はジャムやガナッシュなどが挟まれていましたが、今ではチョコやクリームも食べられその味の変化が魅力です。こちらで紹介しているものだとフルーツを使用しさっぱりとした味わいのマカロンもあるので、ぜひお試しください。

チョコ好きにはたまらない甘さ!「Lindt:リンツ」

チョコレートの有名ブランドというとゴディバなどが日本でも知られていますね。今回紹介するスイスの有名チョコレートブランドはリンツ。東京都内や横浜などでは見かけた方も多いかもしれません。リンツのチョコレートはスイスの大自然を活かした雪解け水や自然広がる環境で育った牛からとる牛乳など魅力がいっぱいです。そこで作られるミルクチョコレートは甘くて濃厚。実はミルクチョコレートはスイスが発祥なんです。(日本ココア・チョコレート協会より)リンツの商品でリンドールシリーズは大変有名で多くの方に親しまれているので、ぜひ1度ご賞味下さい。

スイスに行かなくても買える?

リンツのチョコレートは日本国内だけでなく、オンラインショップでもご購入できます。現地にはそこでしか売られていない限定品もあるので、スイスを訪れた際にはチェックしてみてはいかがでしょうか。

まとめ

スイスはミルクチョコレートの発祥ともあってその味は折り紙つき。チョコレートはスイス国民に昔から親しまれてきました味です。カイエ、シュプリングリ、リンツ以外にもまだまだチョコブランドはありますので、スイスでぜひ探してみてください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

【ガレー】 11種の味が楽しめる「ミニバー」のアソート大紹介!

公式に王国が認定したチョコレートブランド『ガレー』が手がけるチョコレート商品をご紹介します。

kazukazu / 1535 view

総額約1400万円のケーキが登場!髙島屋大阪店のバレンタインプレス内覧会 ♫

髙島屋大阪店のバレンタインプレス内覧会にお招き頂き、総額1,400万円のスペシャルチョコレートを見学しました…

岩谷貴美 / 146 view

【JOHN KANAYA】 2016年「クリスマスタルト」発売中!

『JOHN KANAYA』が2016年のクリスマスタルトに選んだのは、世界中で賞賛され続けるブランデー「He…

kazukazu / 815 view

関連するキーワード