海外からの文化として日本に渡って来たバレンタインですが、日本でバレンタインと言えば、女性が男性にチョコレートを贈る日として定着しています。しかし、もともとはローマ時代のバレンティヌス司祭が皇帝に処刑されたことが由来となっています。

バレンタインデーの由来となったバレンティヌス司祭とは

バレンタインとは、もともと人の名前から由来しています。西暦3世紀のローマでキリスト教司祭のバレンティヌス(英語読みでバレンタイン)という人がいました。当時のキリスト教は迫害される立場であり、ローマ皇帝はローマ宗教にとって目障りに思っていました。その頃、強兵策のひとつとしてローマ皇帝は兵士の結婚を禁止してしまったので、かわいそうに思ったバレンティヌスはこっそりと兵士の結婚を認めていました。それを知った皇帝はバレンティヌスを投獄し、処刑。その日は西暦269年2月14日でした。

2月14日がバレンタインデーになった由来

2月14日にバレンティヌス司祭が処刑され、後世の人々は、愛を尊いものとするバレンティヌスを恋人の守護神として祭りはじめ、2月14日を「聖バレンタインデー」としました。ローマカトリック教会では2月14日は祭日になっています。

バレンタインデーが宗教的行事から愛の日へ

2月14日は、もともとバレンティヌス司祭を悼む宗教的な祭日となっていましたが、いつしか若い人たちにとって愛の告白をしたり贈り物やカードを交換する日と変わっていきました。日本では女性がチョコレートを贈る日として定着していますが、海外のキリスト教圏では男女が手紙に愛を込めたバレンタイン・カードを送りあう日となっています。

まとめ

バレンタインデーと言えば、日本では商業的理由で愛する人に女性から男性へチョコレートを贈る日で定着していますが、もともとの愛の日である由来は変わらないようです。女性からだけではなく、男性からでも愛する人に愛を込めて贈り物やメッセージを送ってみてはいかがでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

バレンタインを日本に根付かせた立役者は一体誰なの?

2月14日はバレンタインデー。日本で「愛を告白する日」として女性が男性にチョコレートを渡すようになった背景に…

みっちー / 443 view

自分買いにも嬉しい!チョコレートブランドの素敵なラッピング特集

甘くておいしい魅惑の食べ物チョコレート。選ぶ際、味はもちろんですが、ラッピングやデザインも欠かせませんね。そ…

みっちー / 1086 view

知りたい!バレンタインみんなのお財布事情

バレンタインみんなのお財布事情についてまとめました。相場を知って、バレンタイン本番に是非生かしてください。

choccolatte / 273 view

関連するキーワード