今ではすっかり日本にもバレンタインにチョコレートを贈る習慣が定着しましたが、バレンタインを日本に根付かせた立役者は一体どんな人物なのでしょうか?バレンタインが日本に定着するまでを一緒にみていきましょう。

日本にバレンタインを定着させたのは?

日本で最初にアメリカのバレンタイン文化を持ち込んだのは、チョコレートで有名な洋菓子ブランド・モロゾフといわれています。1936年にモロゾフがバレンタインの広告を出したのが始まりです。しかし当時はなかなか定着せず、習慣と呼べるようになったのは1975年前後、洋菓子メーカーのメリーチョコレート原邦生さんの手腕によるところが大きいといわれています。

原邦生さんってどんな人?

原邦生さんは1958年当時、メリーチョコレートの営業部長でした。ヨーロッパの知り合いからバレンタインについて情報を得て、新宿伊勢丹でバレンタインキャンペーンを行いましたが思うように売れなかったようです。しかしそれから毎年広告を出し続け、実際に日本にバレンタイン文化が根付いたのは1975年ごろといわれています。

原邦生さんにまつわるおもしろい話

原邦生さんはヨーロッパの知り合いからバレンタインの風習を聞きましたが、ある勘違いをしてしまいます。ヨーロッパではバレンタインデーにお花とカード、チョコレートを贈る習慣があり、チョコレートよりはお花のほうに重点がおかれていました。しかし、原邦生さんはこれを勘違いして、チョコレートだけを贈ると解釈してしまったそうです。日本のバレンタインは原邦生さんの勘違いから生まれたものといってもいいでしょう。

まとめ

日本にバレンタインデーを定着させた人物について分かりましたか?「お菓子メーカーの戦略なのでは?」という噂もありますが、これも一理あるでしょう。定着するまでは長い道のりでしたが、日本のバレンタイン文化はこれからも多様化していくに違いありません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

働く女子の重要任務!バレンタイン義理チョコまとめ買いのポイント

働く女子の重要任務!バレンタイン義理チョコまとめ買いのポイントについてまとめました。折角のバレンタインバレン…

choccolatte / 455 view

日本とは真逆!?アメリカのバレンタイン事情

世界各国バレンタインの過ごし方が違うのは、知ってる方も多いのではないでしょうか。今回は、義理チョコなんてあり…

choccolatte / 798 view

あのパレスホテルが盗作!?ルワンジュ東京の『レーヴルルージュ』と酷似商品が、発売を目…

あの伝統のパレスホテルが、2017年2月1日から販売するはずだった商品が、なぜか販売中止に。 その商品はなん…

チョコレート研究所 / 1230 view

関連するキーワード