日本のバレンタインは「女性から男性に愛を告白する日」というところから、最近では多様化しつつあります。本命チョコだけでなく、義理チョコや友チョコを渡す人も増えてきました。海外ではどのように贈られているのでしょうか?海外のバレンタイン事情に目を向けてみましょう。

海外では男性から贈るのが常識

バレンタインというと、日本では女性から男性にチョコレートが贈られますが、アメリカをはじめとする海外諸国ではその逆で男性が女性にチョコレートを贈ります。そのほかにもイタリアやイギリスでは恋人同士でプレゼントを交換する日になっているそうです。また日本の「義理チョコ」にあたるものも、海外にはありません。

渡すのはチョコレートだけじゃない

海外でのバレンタインでは、チョコレートはあくまでも「おまけ」で、そのほかにメインのプレゼントを渡すのが主流になっています。アメリカではチョコレートと一緒に花束を、イタリアでは花のほかにジュエリーや下着、香水などを贈るそうです。花束はバラを贈るのが一般的ですが、贈りたい女性の好みに合わせる方も多くなっています。

お返しはない

日本ではバレンタインデーのお返しとして、ホワイトデーでクッキーやキャンディーを贈る習慣がありますが、欧米にはホワイトデーにあたる習慣はほとんどありません。しかし韓国やタイなどアジア圏ではホワイトデーのようにお返しをする習慣がある国もあります。そのほかの面白い習慣として韓国では4月14日をブラックデーとし、バレンタインデーにもホワイトデーにも縁がなかった人が黒いものを食べる風習があるそうです。

まとめ

いかがでしたか?バレンタインにまつわる海外での事実を3つご紹介しましたが、知らなかったこともあったと思います。渡す相手やプレゼントは国によって違いますが、しっかりと気持ちを込めて贈ることは世界共通です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

友チョコや逆チョコも登場!バレンタインの新しい楽しみ方とは

日本では、女性が男性にチョコレートを贈るという独特のバレンタインデーが定着していますが、最近では友チョコや逆…

みっちー / 753 view

日本とは真逆!?アメリカのバレンタイン事情

世界各国バレンタインの過ごし方が違うのは、知ってる方も多いのではないでしょうか。今回は、義理チョコなんてあり…

choccolatte / 881 view

気になるアジアのバレンタイン文化とは?

世界各国によってバレンタイン文化が違うのは、知ってる方も多いかもしれません。今回は、アジアの地域に絞って、バ…

choccolatte / 650 view

関連するキーワード